もしかしてトイレ詰まり?考えられる3つのこと

タンクにペットボトルなど入れていませんか?

少し前にタンクに水の入った瓶やペットボトルを数本入れるということが流行りましたよね。こうすることによって水かさが増えて節水になると言われたからです。もし今も実施している場合は、速やかに取り出すことをおすすめします。トイレタンクには水の規定量があって、勝手に変えてはいけないんです。流れる水量が少ないゆえに詰まってしまう事が多いんですよ。もし、節水をしたいのならば節水型のトイレに変えるようにしましょう。

知らないうちに異物を流していませんか?

ポケットに入っていた携帯電話やボールペンなどをうっかり落としてしまって流してしまう事があるかもしれません。また小さいお子さんがいる家庭では手に持っていたおもちゃを落としてしまってそのまま流してしまうということもあるでしょう。理由はどんなふうであれ、すぐに対処するようにしましょうね。発見が早ければ道具(ラバーカップ)で改善できるかもしれませんよ。もし発見が遅れてしまうと、異物がどんどん奥に行ってしまって水が流れなくなってしまうかもしれません。

トイレットペーパー以外の紙はNGです

紙なら何でも流していいと思ってはいませんか。トイレにはトイレットペーパーしか使用してはいけません。ティッシュペーパーくらいなら大丈夫と思われるかもしれませんが、トイレットペーパーと性質が異なります。例えば、60分水に浸しておいても紙に変化はありません。ですからトイレで使用してはいけないのです。水に浸しても溶けないということは詰まりやすいということです。しっかりと紙の性質を理解しておけば、流してしまう事を防ぐことができますよね。

トイレ詰まりを解決するなら信頼できる業者を選びましょう。口コミなどを確認して判断するのがおすすめです。

未分類カテゴリーの記事