自営業を始める時の注意!!自力ですべてをやる

自営業はすべてが自己責任

自営業はサラリーマンではないので、すべてにおいて自力になります。これは要するに営業もありますし、会計も自分でやらないといけないですし、実際に何か売る場合であれば、その調達も自分でやるわけです。あらゆる点において、自分が主体になります。それこそが自営業の特徴であり、必要となる覚悟になります。稼ぐ為には色々とやることがあります。そして、記録をつける必要もあるわけです。経営者となるわけであり、そこがサラリーマンと違いです。

経理に関する手間に関しては

経理に関する手間は今は非常に軽くなっています。これは会計ソフトがありますから、その点に関してはかなり安心できます。経理の才覚がなくてもそれなりに処理できます。これは有難いことではありますが、過信しすぎないことです。それでも尚、やるべきことはいくつもあります。それに税務署にも申告する必要があります。起業した、ということを伝えるわけです。そうしないと青色申告ができないからです。これが重要な点になります。

拡大をする経営と言うのは

自営業でも拡大経営を進めることがあります。そこで注意するべきことがあります。それは人を増やす、と言う行為です。自営業の多くは一人か、或いは家族経営になります。ですから、意外と大変ではありますが、人を増やすのはかなり慎重になるべきです。拡大をするのに正規雇用を増やすのは当たり前ですが、それが負担にもなります。経営者としての視点で人を雇う意味を良く考えるべきです。そうすれば、失敗することがなくなります。

フランチャイズとは事業形態の1つで、自社の商標や商品を提供し営業を行わせ対価をもらう仕組みです。ファミリーレストランや居酒屋などのチェーン店で多く見られます。

未分類カテゴリーの記事