データ転送とはつまるところ、データ通信のための技術である!

サーバーとクライアント間でもデータ転送は行われる

データ転送というのはほとんどの場合、送り側と受け取り側とで、そのデータを共用するために行われているものです。これに対して、サーバーを利用している場合には、サーバー上の共有データにアクセスして利用することで、このデータ転送が必要ないものとなっているわけです。しかし考えてみれば、WEBシステムなどでは、ブラウザからWEBサーバーにアクセスすると、WEBサーバーからブラウザにページがダウンロードされて、それがブラウザ上に表示されるようになっているわけなので、そうとは意識されずとも、サーバーとクライアント間ではデータ転送が行われているというわけなのです。

ダウンロードというサーバーからの共有データの転送

サーバーというのは、それを利用している人たちがサーバー上にある共有データを共同で利用する、というものです。このために、その利用者間で、互いにデータの受け渡すためのデータ転送をしなくて済む、というようになっているわけです。しかしその必要がある場合には、サーバーから自分のマシン上にデータをダウンロードしてしまう、つまりはデータ転送をしてしまうこともできるわけなので、サーバー環境でもデータ転送というものが行われる場合があるわけなのです。

データ転送とはすなわちデータ通信の技術である!

データ転送というものは、パソコンの内部ではデータバスという経路を通して行われ、これが外部との間でのデータ転送になると、データ格納媒体や通信回線、さらには無線を通してやり取りされる、ということになるわけです。こうしてみると、データ転送の方法というものは、どのような経路を使ってデータを送受信するのか、という通信経路の選択であることがわかります。つまりは、パソコンの内部であれ外部とのものであれ、データ転送というものはデータ通信であって、通信技術であるということなのです。

4KなどHD以上の動画や圧縮処理を施されていない画素数の高い画像は、大容量ファイルの部類になります。各種ソフトで容量を抑える処理をほどこし、持ち運び便利な容量にすることも可能です。

未分類カテゴリーの記事