自分の城を持つ!起業の選択としてのフランチャイズ

脱サラ、起業。でもリスクは大きい

サラリーマンの方の中には、老後の生活を考え、定年後の再就職を考えておられる方は多いと思います。いっそのこと、自ら経営していけるお店を持つことを考えることも少なくないのではないでしょうか。料理が得意だからカフェを経営してみたいけど、気長にお客さんを集めるような資金力まではないし…という場合もあるかと思います。自分のお店を切り盛りしていけるだけの経営の経験や知識は、やっぱり独自のお店を起業してしかえられないのでしょうか?今回は、フランチャイズ経営を通して経営ノウハウを身につけ、お店を経営していく方法を提案したいと思います。

フランチャイズとは?

フランチャイズとは、すでにあるビジネスに参加し、自らのお店を始めることをいいます。フランチャイズの具体例としては、コンビニエンスストアやチェーン系飲食店などを挙げることができます。そのしくみは、フランチャイズ本部に一定のお金を支払うことで、開店時の支援や経営ノウハウを受けることができる点です。これにより、経営に関し素人であっても、マネジメントのリスクを一定程度回避しつつも、起業直後からの集客が見込めるなどのメリットがあります。

気をつけておきたい注意点

フランチャイズ経営は、本部の経営方針に従わなくてはなりません。経営が悪化した場合や何らかのトラブルが起こった時には、どのような支援が得られるのか、具体的かつ詳細に本部に質問し、紙へ控えておきましょう。また、競業避止義務条項といって、フランチャイズ脱退後に同種の営業を行ってはならないなどのきまりが契約の中に盛り込まれていることが多いです。つまり、フランチャイズ本部から得たノウハウを流用することは原則として禁じられていることになっています。ただし、契約によって内容が変わりますので、本部へ確認して明らかにしておきましょう。契約書が届いたら、その内容をしっかり把握し、必要に応じて契約の内容を変更してもらうよう交渉も行いましょう。

代理店とは個人や法人がメーカーに代わって商品やサービスを販売するお店の事を指します。商品などがすでに開発されているため開発リスクなどを持たなくて良いのが特徴です。

未分類カテゴリーの記事