タクシー運転手になる方法、教習所を使うと免許を取りやすい

第二種免許の一発試験

一発試験の方は、学科試験と技能試験があり学科試験を合格してから技能試験に挑めます。技能試験は隣に現職の警察官を乗せた試験で、難易度は非常に高く試験合格率は約1から2割程です。試験を受ける前にタクシー会社に入社し、免許を取得してから勤めると契約をしてから試験に挑むと、試験にかかる費用を負担してくれます。その費用は、タクシー会社に勤務して給料天引きにて支払う事になります。一発試験は技能の審査が厳しいので、自動車教習所で訓練を受けるのも一つの手です。

教習所で第二種免許の技能試験免除してもらう

教習所に通って卒業すると、試験場での第二種免許の技能試験が免除となります。教習所では第一種免許を取る時と同じように学科と技能の授業をそれぞれ受けていきます。費用は20万程です。会社にもよりますがタクシー会社の中には、第二種免許取得できる教習所に通わせてくれる所もあります。かかった費用は勤務できるようになってから給料からの天引きです。卒業試験で技能試験がありますが、一発試験の技能試験より難易度は下がっています。

合格してタクシー運転手へ

教習所の卒業試験で技能試験を合格すれば、試験場に行くことになります。試験場に行く前に第二種運転免許試験の問題集を本屋で買うのをおすすめします。技能試験程ではないですが学科試験の難易度も第一種よりも高くなっているため、何度か落ちることが予想されます。問題集に引っかけ問題も多く出ているので、頭に入れておけば合格率も上がります。教習所を通った場合の合格率は8から9割です。タクシー運転手になりたいなら、教習所に通うのがオススメと言えるでしょう。

役員運転手とは企業や公的機関のトップの専属ドライバーのお仕事で、送迎などスケジュールに合わせて行動を取ります。

未分類カテゴリーの記事